RYAN ADAMS 「HEARTBREAKER」

私は音楽に関しては常に時代に逆行していて、自分の周りに同じような音楽を聴く人は皆無だったのですが、ここ数年私が好きなアーティスト達を親の影響で聴いて知っているという若い人たちがチラホラ・・・

嬉しいかぎりです。

 

今回は自分と同世代のRYAN ADAMSソロデビュー1st「HEARTBREKER」

をご紹介致します。

RYANの弾き語りを軸にしたバンドサウンドで、RYANのどこか憂鬱で寂しげな歌声がたまりません。

フォーク、カントリー、R&R等のルーツミュージックを軸として、ゲストにEMMYLOU HARRIS,GILLIAN WELCH,KIM RICHEY等が参加しています。

 

私の好きな曲はBOB DYLANの「SUBTERRANEAN HOMESICK BLUES」風な2「To Be Young」、私も1度カバーしました3「My Winding Wheel」、EMMYLOU HARRISのコーラスが印象的な5「Oh My Sweet Carolina」、このアルバムで1番好きな曲9「Come Pick Me Up」、このリズムに弱いです11「Why Do They Leave?」

 

同世代のRYANの活動期待しています!!

 

 

1. (Argument With David Rawlings Concerning Morrissey)

2. To Be Young (Is To Be Sad, Is To Be High)
3. My Winding Wheel
4. AMY
5. Oh My Sweet Carolina
6. Bartering Lines
7. Call Me On Your Way Back Home
8. Damn, Sam (I Love A Woman That Rains)
9. Come Pick Me Up
10. To Be The One
11. Why Do They Leave?
12. Shakedown On 9th Street
13. Don't Ask For The Water
14. In My Time Of Need
15. Sweet Lil Gal (23rd/1st)