KARLA BONOFF 「RESTLESS NIGHTS」

以前、SUZANNE VEGAを紹介したとき書いたように、私はあまり女性アーティストには興味がなかったのですが、KARLA BONOFFをきっかけにいろいろと聴くようになりました。

 

KARLAを知ったのもラジオでした。

番組は忘れましたが、流れてきたのが「Water Is Wide」

KARLAのアコギの弾き語りにJAMES TAYLORのアコギとコーラス、GARTH HUDSONの哀愁漂うアコーディオン、J.D SOUTHERのコーラス、最小限の音でここまで美しい曲が作れるものかと強く感動しました。

この曲はよくTVやCMでも使われたりします。日本人に馴染みやすいメロディなのかもしれませんね。

 

 

デビューして35年近くなりますが本人名義のアルバムは4枚しか出していません。

ずっとNEWアルバムを待ち望んでいるのですが、いつになるのでしょうか・・・・

 

このアルバムで私が好きな曲は2「Restless Nights」、エレピの弾き語りの3. 「The Letter」、David Lindreyのアコギの響きが美しい、涙、涙 5.「Only A Fool」、9「The Water Is Wide」

KARLAのどこかせつない感じの歌声には、ついつい涙してしまいます。

 

バックミュージシャンも豪華でKenny Edwards (B), Andrew Gold (G, E Piano)、Don Henley (Back Vo, EAGLES), J.D. Souther (Back Vo), James Taylor (G, Back Vo), David Lindrey (G), Garth Hudson (Accordion, THE BAND)、Waddy Wachtel (G), Donny Kortchmer (G), Rick Marotta (Dr), Jackie De Shannon (Back Vo) etc

私がウエストコーストサウンドにはまるきっかけになった1枚でもあります。

 

1. Trouble Again
2. Restless Nights
3. The Letter
4. When You Walk In The Room
5. Only A Fool
6. Baby Don't Go
7. Never Stop Her Heart
8. Loving You
9. The Water Is Wide